TSR2019: Lead By Example 2日目

当社の年次総会「TSR2019: Lead By Example」は今月初めにワシントンD.C.で開催され、素晴らしい講演者に加え、ゲストや会員企業が出席したおかげで大成功を収めました。公共部門と民間部門の幹部が一堂に会し、交通安全に関するベストプラクティス、洞察力、ストーリーを共有しました。ビジョン・ゼロ・フリート・セーフティ、スマートシティ、より安全な都市、人々のための都市、より安全な交通機関などを含む交通安全に関するベストプラクティス、洞察、ストーリーを共有しました。アジェンダの全文をご覧いただけます。 此処.

あなたがTSR2019の1日目のレビューを見逃した場合は、それを読むことができます。 此処.

2日目は シティモビリティ/スマートシティ パネルディスカッションは、マーシュのシェアリングエコノミー&モビリティグループの責任者であるロブ・バウアー氏の司会で行われました。パネリストは、デロイトコンサルティング スペシャリストリーダーのフェイ・ディマッシモ氏、ブラックベリー社スマート交通イノベーション・開発責任者のジェフ・デイビス氏、CalAmp社社長兼最高経営責任者兼取締役のマイケル・バーディーク氏で、スマートシティを構築するために官民が協力して取り組むことの重要性について考察しました。"両者は良いパートナーになる方法を学ぶ必要があります。私たちにはそれぞれ異なる役割があり、それぞれが相手がパートナーシップに何を必要としているかを尊重する必要があります。"また、公的機関が通常はしないようなリスクテーカーになることも必要です」とディマッシモ氏は述べています。

また、データ収集における観察の重要性は、リスクと同様に重要なポイントでした。"人々は安全性を重視しているが、リスクを十分に計算していない"

人のための都市づくり