安全の未来は協力関係にある:Together for Safer Roadsが官民の安全をどのように再構築するか

(2021年8月20日)

道路をより安全にするために、都市はどこに頼めばいいのだろう?民間企業がドライバーの運転環境を改善するためには、誰に連絡すればよいのでしょうか?

このような疑問はほとんど解決されていないため、より安全な道路を実現するためのソリューションに取り組むために、新しい組織が作られました。

ABInbevやUPSなどの企業から市役所まで、Together for Safer Roads(略してTSR)は、より安全な道路を作ることを使命とするグローバルな連合体です。TSRの代表であるデビッド・ブラウンスタインは、この組織が数十年にわたってどのように影響を及ぼしてきたかについて、今日、私たちと一緒に考えてくれます。

道路や交差点の再設計から、土木工学の意思決定を改善するためのデータおよびデータ収集システムの提供まで、TSRはその一翼を担っています。

また、TSRの資金提供によって、小規模な運送会社がマシンビジョンや車載カメラなどの新技術を利用し、ドライバーの安全性を向上させることができるようになったことについても説明しています。

そして、これらのソリューションがもたらす影響は、ローカルなものだけではありません。グローバルなものなのです。詳しくは、David Braunsteinの今日のエピソードをご覧ください。