漫然とした運転-公衆衛生上の疫病

2021年11月30日の#GivingTuesdayには、世界中の人々が集まって、それぞれのコミュニティを変革します。あなたもその一人になりませんか? 今日の寄付 漫然とした運転をなくし、すべての人に安全な道路を提供するための活動にご協力ください。

脇見運転防止活動を支援する理由

公式には、毎年3,000人以上のアメリカ人が脇見運転によって亡くなっています。公式には3,000人以上、非公式には20,000人以上とも言われています。疫病とも言われるこの公衆衛生上の問題に対処する必要があります。

2021年9月に国家運輸安全委員会副委員長のブルース・ランズバーグ氏が立ち上げた 全米注意力散漫運転連合 は、注意力散漫な運転による死亡事故や負傷事故をなくすための国の取り組みを加速させています。

米国では初めての試みとなるこの連合は、官民のリーダーシップを結集し、脇見運転撲滅のための国家戦略を策定することを目的としています。

Together for Safer Roadsは、国家運輸安全委員会、米国トラック協会、国家安全評議会などで構成されるこの強力な連合体の運営委員会に参加することで、脇見運転の危険性に対処できることを誇りに思っています。ご希望の方はご連絡ください。 注意力散漫な運転への取り組みについての詳細.