地域安全のための触媒

安全な都市

データに基づいた問題解決

SAFER CITIES プログラムは、交通機関の変革が可能であることを示すためのベストプラクティスを実施しています。TSRは、市長、市の機関、擁護団体、民間企業、政府のパートナー、助成金作成者と協力して、市全体のビジョン・ゼロ計画を構築します。私たちは、事故や怪我、死亡事故の主要な指標であるニアミスを監視するための分析システムを導入しています。また、民間のメディアパートナーを招き、マルチチャンネルのメディアキャンペーンでプロジェクトを推進しています。

Safer Citiesは地域の課題の原因を特定し、専門知識とリソースを組み合わせてすべての道路利用者の生活の質と安全性を向上させるための持続可能な介入のための道を導くことに焦点を当てています。私たちの都市パートナーは、民間セクターの知識、データ、技術、グローバルネットワークを活用し、コミュニティでの命を救うエビデンスに基づいたモビリティアプローチを優先的に利用することができます。

我々は革新的な技術を用いて道路利用者の行動の変化を測定している。交通安全のベストプラクティスを現状のものにするためのこのスケーラブルなモデルは、特に交通弱者(事故死者数の50%を占める)の間で、事故、死亡者数、重傷者数を減らすことができる。

安全都市プログラムの取り組み

TSRとそのメンバーは、プログラム・イニシアチブを通じて、交通安全におけるベストプラクティス、思想的リーダーシップ、測定可能な成果に貢献しています。

トランスフォーメーショナルアナリティクス

あなたのコミュニティのヒヤリハット分析でクラッシュを回避するソリューションにアクセスしてください。

ビジョン・ゼロ・パートナーシップ

フリート、マイクロモビリティ、テクノロジー、その他の企業を交通安全に積極的に参加させる。

マルチチャンネルメディアキャンペーン

地域社会が衝突、負傷、死亡事故を防ぐのに役立つメディアを通じて交通安全を強化する。