交通事故は、その多くが脇見運転によるもので、米国の1歳から25歳までの暴力関連死の原因の第1位となっていますが、本来はそうあるべきではありません。しかし、そうであってはならないのです。このような状況をなくすための技術と知識は存在します。 

国連は、交通安全を健康な生活と幸福のための前提条件と認識しています。2020年9月、国連総会は「交通安全のための行動の10年2021-2030」を宣言し、2030年までに交通事故による死傷者を少なくとも50%防ぐという野心的な目標を掲げました。

私たちの交通安全プログラムは、国連の目標に沿ったものです。これらの目標を達成するために、1回限りの寄付によるサポーターになるか、毎月の寄付にご協力ください。