INITIATIVE: トランスフォーメーション・アナリティクスでニアミスを特定する

地域活性化のためには、交通安全が最も重要です。食料や医療などの生活必需品を得るためには、個人が移動できることが重要です。

高度なビデオ解析を活用して危険な交差点をピンポイントで特定し、交通安全ソリューションを開発することで、ビジョンゼロの達成に向けて都市を加速させるとともに、地域活性化の取り組みにも貢献しています。私たちは、地方自治体や公的機関が民間企業の革新的な技術と連携して、あらゆる交通手段をより安全にするための道筋を提供する橋渡し役として活動しています。  

交通安全とデザインへの投資は、革新的なデータ収集と分析ツールの恩恵を受けることが多くなっています。ワシントン州ベルビューで行われた初のニアミス研究では、360度の高解像度交通カメラによって、50%のドライバーが制限速度を11マイル以上超過していたことなど、ドライバーに関する重要な分析結果が明らかになりました。このようなデータにより、政府や企業は、より安全な道路政策の立案や、将来の交通リスクを予測することができます。

ニアミススタディ in Bellevue, WA

スピード違反の二輪車は、他の交通手段よりも接近事故の原因となっていた.

ワシントン州のベルビュー市では、どのようにしてこのことを知ったのでしょうか?

私たちは、革新的なアナリティクスを用いた世界初のヒヤリハット調査*を実施し、以下に示すような魅力的なデータを発掘しました。私たちの画期的なヒヤリハットと死亡・重傷の比較は、交通安全において予測分析を大規模に使用する新しい方法でした。この研究により、ニアミスと衝突の間に正の相関関係があることが明らかになり、将来の衝突の可能性を予測することができました。

ベルビューがAIを使って道路の問題を特定

このプロジェクトでは、40の交差点に設置された360度高画質交通カメラのネットワークから提供されたデータを使用し、5,000時間の映像を収集、825万の道路利用者の観察記録と2万件の重要な衝突のやりとりを記録しています。 

トランソフトソリューション は、ビデオ映像から交通量、道路利用者の速度、衝突しそうな交通事故の指標を収集しました。また、このデータから問題のある交差点を特定し、その場所特有の問題を診断し、安全対策の実施に直接つなげました。そして、高度な人工知能アルゴリズムとビデオ解析を用いて、交差点の安全性に関する問題を処理、分析、特定しました。

プロジェクト分析以来、ベルビューは交通死亡事故や重傷者を積極的になくすという長期的な目標のもと、レーダーフィードバック標識、横断歩道、左折ポケット、旋回運動の制限、中央分離帯など、数多くの安全対策に資金を投入しました。この投資には自転車プロジェクトの設計と実施も含まれ、あらゆる年齢と能力の人に適した安全な自転車専用道路が格子状に整備されています。

これらの画期的なビデオ解析プロジェクトのおかげで、ベルビューは「ビジョンゼロ」の目標を達成するための将来の交通安全プロジェクトのために、$4百万ドルを超える資金を確保することができました。 

今回のプロジェクトは、ベルビュー市のビジョン・ゼロの取り組みと、トランソフト・ソリューションズの交通安全分析技術が合致したことがきっかけでした。